So-net無料ブログ作成
検索選択

お門違い? [FW190A]

電動機の集い「パターン編」にFW190Aを持込んでしまいました。
P2150001.jpg
スケールっぽく飛ばし始めたのですが、途中でやっぱり
今日はパターン編だからと思い直し、スポーツマンクラスを
始めてしまいました。
やってみたらこれが結構出来る。
円は等速。垂直上昇下降はまっすぐ。
背面で傾くのが残念。片翼が重いので調整すれば完璧かも。
てことで、意外?な性能を確認することが出来ました。
(流石に
逆中逆宙は怖かったけど・・・)

FW190Aの初飛行 [FW190A]

今朝、飛行場へ着いたら案の定、風が強い。
SANY0002.jpg
まだ、鳥が飛んでるから大丈夫との持論で、さっさと電池を積んで
タキシングしてみる。
うーん、いい塩梅だ。
軽やかに走る。
まあ、地上に置いていても浮き上がるような風なので、上がるだろう
ということで離陸滑走~
ものの3m走らないうちに浮き上がってしまった。
上がってしまえば安定抜群。
トリムもエレベーターアップ少々、エルロン左へ少々で軽々飛ぶ。
しかし、風が強いのでおそ~い。
引込脚は予想通り、エアーが抜けてしまい入らない。
仕方ないので、そのまま飛ばすが、かっこ悪い。
風の中、電池切れが一番やばいので、さっさと降ろそうと。
が、スロットルを絞ると風に押されて、手元へ来ない。
四苦八苦しながらも、無事滑走路内へ降ろす(3回バウンドしたけど・・・)
あー良かった。
ということで、無事初飛行は終了したのでした。
SANY0010.jpg
SANY0015.jpgSANY0004.jpg


FW190Aの製作-17 [FW190A]

ようやく飛ばせるところまで来ました。(^.^)
7.jpg8.jpg
後は尾輪引込のリンケージ調整と、モーターバランス取り。
擬装関係は飛んだら考えることにします。
さて、気になる全備重量は主翼2435g、胴体(電池込)4350g
合計6785gとなりました。
予定通り重いです。が7kg切ってますから、パワー的には十分。
重心位置も規定値。バラスト不要。
さーて、日曜日が待ち遠しいぞ~(^o^)丿


FW190Aの製作-16 [FW190A]

カウルラッチの取付、キャノピー、脚カバー、尾輪引込脚リンケージ調整、
尾輪カバー回りの削り、機銃の取付、ぐらいで一応完成なんだけどな~。

とにかくカウルが付けば飛ぶ状態ではありますが・・・。
なかなか手が進まない。
トリムタブと防弾壁を塗ってから、
1.jpg2.jpg
コーナンへ行って、材料物色しているうちに日が暮れてしまった(>_<)

FW190Aの製作-15 [FW190A]

昨日は宇都宮までヤキソバを食べに行ってからの工作

カウルを切り取って
1.jpg
こんな感じで電池が収まります。
うわーギリギリだ!
よく入ったな~という感じ。我ながら収納上手に感心します(笑)
2.jpg

FW190Aの製作-14 [FW190A]

ブログの更新は止まってますが、製作の方は毎日いじってはいます。
今日は受信機載せて舵角とかの設定を。しかしあえなく電池切れで、
中途半端。
モーターとESCも接続したし、引込脚の配管と出し入れのテストも完了。
しかし空気の力って凄いね~。こんな重い足をジュパシュパ動かすんだから。
カプラーからのエア漏れはご愛嬌か・・・、何とかせねば。
残るはキャノピーとカウルの加工のみ。
が、このカウルが大変そうなのね~。
ハッチつくらにャならないの~(-_-;)

ご要望にお応えして画像を追加しました。
引っ込みのロッドが仮止めなので、長いままですが・・・。
カプラーはカチッと回してロックするやつです。
こじると、シュ~ってのが止まりますので、そのうち馴染んでくるのかな?
カプラ.jpg


FW190Aの製作-13 [FW190A]

主翼と胴体の取り付けをしました。
尾翼との傾きが心配でしたが、意外や意外ばっちりでした。
機体を組んだら部屋いっぱいです。
4.jpg
3.jpg
2.jpg1.jpg7.jpg
もう少し大きい機体が良い・・・と言ってはいましたが、2m越えたら
工作は無理でした。
6.jpg
あとはモーターとESCの結線、キャノピー、カウル、そしてリンケージの
細かい調節、引込脚のエアーの配管で完成。
ウェザリングやら擬装をどこまでやるかで、初飛行の日程が変わるのだ~
いつかな~

 


FW190Aの製作-12 [FW190A]

モーターマウントを取り付けるので
もともとあった防火壁を切り取ります。
SANY0031.jpg
で、実は始めからエンジンマウントの取付用にセンターラインが引いてありますが
全然嘘っぱちです。そのままつけるとスラストラインがとんでもなく高い位置になるので
注意!
改めて採寸してセンターを出します。
SANY0032.jpg
切り抜きました~

はい、マウント付きました~(^o^)丿
012401.jpg012402.jpg

FW190Aの製作-11 [FW190A]

箱は出来ました。
後は機体側の防火壁を切り抜いて、このマウントボックスを嵌め込むだけ~。
簡単・・・だから電動好き!
012301.jpg
明日は朝が早いのでこれで寝ます ZZZzzzzzz・・・・

FW190Aの製作-10 [FW190A]

モーターマウント周りをどうするか・・・(ーー;)
実は当初想定していた配置では収まりきれないことが判明。
ええっ?
かなりノーズが短い上に、思ったよりもスペースが無い。
はじめっから考えとけよ~ってところですが・・・。
テールヘビーになるのは間違いないスタイルなので、兎に角
カウルの中に電池を収めるのが必須。
モーターと電池と胴体を現物あわせで、あっちこっち組合わせて
ようやく何とかなりそうな次第。
で、ベニアからマウントを切り出し中です。
至極普通の構造で、軽くも無いのですが、妥協しちゃいました。

実はこの案の他に斬新なレイアウト案もあったのですが、
工具を買い足す必要があり、今回は見送り・・・。
次回の作(ってあるのか?)で採用予定です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。