So-net無料ブログ作成
検索選択

majo-EX [その他の飛び物]

ハンドランチグライダーは一度嵌ると、これはなかなか抜けられません。
なんだかんだで4機持ってました。
普段推力付きの飛行機を飛ばしているのとは、考え方が違うので
これがかなり面白い。

今回、majo-EXと言う機体を入手しました。
初めての国産機です。
ex.jpg
これまでの機体は重量が300g以上ありましたが、この機体は今時の
ものですから、機体だけで168g。メカを積んで220g少々の重量です。
サイズが一緒で100g軽いのですから、その飛びは推して知るべし。
前の機体で一投げmax1分なのが、2分は行きます。この差は驚異的。

早くリンケージして飛ばしたいよ~。

FW190Aの製作-14 [FW190A]

ブログの更新は止まってますが、製作の方は毎日いじってはいます。
今日は受信機載せて舵角とかの設定を。しかしあえなく電池切れで、
中途半端。
モーターとESCも接続したし、引込脚の配管と出し入れのテストも完了。
しかし空気の力って凄いね~。こんな重い足をジュパシュパ動かすんだから。
カプラーからのエア漏れはご愛嬌か・・・、何とかせねば。
残るはキャノピーとカウルの加工のみ。
が、このカウルが大変そうなのね~。
ハッチつくらにャならないの~(-_-;)

ご要望にお応えして画像を追加しました。
引っ込みのロッドが仮止めなので、長いままですが・・・。
カプラーはカチッと回してロックするやつです。
こじると、シュ~ってのが止まりますので、そのうち馴染んでくるのかな?
カプラ.jpg


FW190Aの製作-13 [FW190A]

主翼と胴体の取り付けをしました。
尾翼との傾きが心配でしたが、意外や意外ばっちりでした。
機体を組んだら部屋いっぱいです。
4.jpg
3.jpg
2.jpg1.jpg7.jpg
もう少し大きい機体が良い・・・と言ってはいましたが、2m越えたら
工作は無理でした。
6.jpg
あとはモーターとESCの結線、キャノピー、カウル、そしてリンケージの
細かい調節、引込脚のエアーの配管で完成。
ウェザリングやら擬装をどこまでやるかで、初飛行の日程が変わるのだ~
いつかな~

 


FW190Aの製作-12 [FW190A]

モーターマウントを取り付けるので
もともとあった防火壁を切り取ります。
SANY0031.jpg
で、実は始めからエンジンマウントの取付用にセンターラインが引いてありますが
全然嘘っぱちです。そのままつけるとスラストラインがとんでもなく高い位置になるので
注意!
改めて採寸してセンターを出します。
SANY0032.jpg
切り抜きました~

はい、マウント付きました~(^o^)丿
012401.jpg012402.jpg

FW190Aの製作-11 [FW190A]

箱は出来ました。
後は機体側の防火壁を切り抜いて、このマウントボックスを嵌め込むだけ~。
簡単・・・だから電動好き!
012301.jpg
明日は朝が早いのでこれで寝ます ZZZzzzzzz・・・・

FW190Aの製作-10 [FW190A]

モーターマウント周りをどうするか・・・(ーー;)
実は当初想定していた配置では収まりきれないことが判明。
ええっ?
かなりノーズが短い上に、思ったよりもスペースが無い。
はじめっから考えとけよ~ってところですが・・・。
テールヘビーになるのは間違いないスタイルなので、兎に角
カウルの中に電池を収めるのが必須。
モーターと電池と胴体を現物あわせで、あっちこっち組合わせて
ようやく何とかなりそうな次第。
で、ベニアからマウントを切り出し中です。
至極普通の構造で、軽くも無いのですが、妥協しちゃいました。

実はこの案の他に斬新なレイアウト案もあったのですが、
工具を買い足す必要があり、今回は見送り・・・。
次回の作(ってあるのか?)で採用予定です。


FW190Aの製作-9 [FW190A]

ラダーと尾輪引込のリンケージが完成。
ガッポリ開けた穴を戻して、タイヤの入るところを切り出します。
最初は強度不足かと思って、切り取った部分を埋め戻そうと
していましたが、水平尾翼接着後は意外に強度がありそうで、
ならば、今後のメンテ(尾輪弱そう)のために、ねじで取り外せる
ようにします。
で、後方面は完成~!
012102.jpg012101.jpg

さて、次は機首まわりだ。まずはモーターマウントですね~


FW190Aの製作-8 [FW190A]

時間はあまり掛けられないですが、それでもコチョコチョいじっていると
少しずつ出来てくるから嬉しいですね。
エレベーターのリンケージ完成しました。
011802.jpg
ホーン側もサーボ側もベアリング入りです(余り物ですが・・・)。
当然ガタなく、トリム「1ピッ」にも正確に反応します。
ついでにサーボもデジタルです(これもF3A機のおさがり)。
尾輪引込ユニットを利用したエレベーターロッドの振れ止め。
笑っちゃいます。こだわり過ぎ・・・^^;
011801.jpg
ただ今、ラダーのリンケージ作業中。
当然内装。どこがホーンかわっかるっかな~。
(それ以前にちゃんと動くのか???)
011803.jpg

FW190Aの製作-7 [FW190A]

水平尾翼がくっつきました。
なーんか後退角がついているようで、変?・・・
011801.jpg
中はこんな感じ。結構がっしりしました。
ホーンは一部胴体との干渉があるようなので
スリスリしておきます。
011802.jpg

FW190Aの製作-6 [FW190A]

尾翼周辺工作が続きます。
エレベーターホーンを胴体に組み込みました。
011705.jpg
水平尾翼の合わせは隙間だらけです。
エポで埋めよというのですが、それにしてもヒドイ。
気休め程度にはスリスリしておきましたが・・・。
011704.jpg
この機体の心臓、いや、筋肉だな。これは
ハイペリの5025-22Bです。
011703.jpg
ちょいと非力かな~。
ビーバー飛ぶんだから大丈夫だとは思うけどね・・・。(-_-;)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。